住まいのことなら北海道札幌市にありますオリエント建設株式会社におまかせください。

 
 
 
「オリエントステージ表参道」の外観。マンション群の中で、とりわけ明るいイメージを与えてくれます。1階はエントランスと駐車場。
居住者用のゴミ置き場も確保してあります。
最上階は「ペントハウス」風に一戸のみとしました。
 
主張しすぎないオレンジ色がデザインの引き締め役。さらにバルコニーに設けた3つの「穴」もポイントです。雨などによる汚れが目立たず、出来るだけメンテナンスが不要な外壁材を選んであります。
 
アプローチの様子。1階は白いラインで見た目に変化を付けました。これがないと平坦な印象に。
床のタイルは外壁タイルと色を合わせてあります。
 
その白いラインは中まで続き、外からの印象と繋がります。右壁にある四角のパネルがオートロック操作板。デザインの一部となるよう意識しました。御影石のボリュームが高級感を出しています。
 
反対側には、入居者用の郵便受けを設置。ガラスブロックで常に明るいエントランスに。
 
1階奥には、全戸数分のトランクルームも設けました。
住む人がベランダなどに物を置かずにすみ、マンションの外観もいつもスッキリ。
 
では、最上階の8Fから入ってみましょう。エレベーターを降りると赤いドアが正面にあらわれます。左のドアは外階段へと続きます。
 
部屋に入るとすぐに開放的な空間が広がります。最上階ならではの日射しもひとり占め。2部屋あるうちのこちらは、リビングダイニング。左側には対面キッチンがあり、左ドアからは広いバルコニーへ出られます。
 
視線を右にうつしてみると、奥の部屋が見えます。
横に長い間取りになっていて、開け放つとかなりの大空間。
 
ダイニング側から奥の寝室を見ます。
右のガラスの入ったドアを開けるとトイレ、玄関。
その横の建具を開けると、収納スペースが現れます。
部屋の間に敷居がないため、伸びやかな印象に。
 
縦の小窓があるのがキッチンです。オレンジのロールスクリーンは下までさがるので、生活感を出さずにスッキリと暮らせます。左奥のドアを開けるとはユーティリティ、浴室。
水回りを一箇所にまとめることで使いやすさもアップ。右側の明るいダイニングスペースは、いちばん居心地の良い場所になるかも。
 
対面キッチンはロールスクリーンと同じ、爽やかなオレンジカラーに。外を眺めながらの料理は生活を楽しくしてくれることでしょう。
カウンターも重宝すること間違いなし。
 
奥の寝室からリビングを見ます。
敷居のない戸は吊ってあり、開け閉めが軽いのが特徴。
 
視線を窓側に向けると、ここにも大きな窓が。
東・南・西の3方向に窓をつけたので、1日中日射しが入り最上階ならではの開放感が得られます。
 
反対側にはタップリの収納が。空いたコーナーに棚をつける配慮も忘れません。
 
折り戸の収納を開けてみると、天井までの大容量クロゼットが。
この折り戸はそのまま左右に動かすことが出来ます。
室内を全体的に暖色カラーでまとめ、快適に暮らせる空間に仕上げました。
 
下の階へ行ってみましょう。
最上階以外はグリーンのドア。
ワンフロアに2戸です。
 
玄関には壁に埋め込まれた下足入れが。
上段のクロゼットは、上着や濡れたコートをかけるのにとても便利。
 
こちらも対面キッチンにし、住む人のニーズに応えます。
要所に窓を設けてあるため、実際のスペース以上の広がりを感じることが出来ます。
 
ビタミンカラーのキッチンが、部屋のセンスの盛り上げ役。
吊り戸棚は取っ手がないスッキリとしたデザイン。
下の戸棚は、タオルをかけて使えるようにあえて取っ手をつけました。
 
キッチンから部屋を見た様子です。
左のガラスが入ったドアは、玄関への出入り口。
 
正面外にはバルコニーがあり、外から見えた3つの「穴」はこの位置にあります。ちょっと他にはないデザイン。
奥は寝室です。
 
寝室からリビング方向。この部屋も敷居をなくし、部屋と部屋のつながり感を出しています。
 
収納扉を開けてみました。扉は、ベッドを置いたときにもスムーズな開閉ができる折り戸に。
 
住宅密集地でありながら、明るさと快適さを両立し、さらにデザイン性と資産価値の高いマンションとなりました。
016960
<<オリエント建設株式会社>> 〒005-0841 北海道札幌市南区石山1条7丁目27-7 TEL:011-594-2066 FAX:011-594-2788